my textile

mytextile.exblog.jp
ブログトップ

2010年 03月 14日 ( 1 )


2010年 03月 14日

Felt Workshop

先週の日曜日にフェルトのワークショップへ行ってきましたーーーーーーー!

以前から自己流でフェルトを試作していたのですが、絶対違うやり方があるよこれっ!?と思っていて一度教えてもらいたいな〜と考えていました。そんな折り12月のクリスマスイベントで一緒だった彫金作家でもあり、フェルト作家でもあるミキさんがみんなに教えてくれると申し出てくれたのです。

私はかねてからシルクシフォンと原毛を一緒にフェルト化するものを希望していたので、今回はそれを使ってミニストールに挑戦でした!(この前週にはフェルトでバッグを作ったようです)


簡単に制作行程を紹介(写真はストール制作のための飾り用フェルトを作っているところ・・・)
b0168075_2324521.jpg

1. シルクシフォンを出来上がりをイメージしたストール型にカットします。それをエアーパッキンの下に敷いておく。(あらかじめ模様を考えていたらエアーパッキンの下に下絵を置くとGood!)

2. シルクシフォンに重なるように原毛を薄くとって置いて行く。このとき原毛の毛を縦横交互に置く。

3. イメージ通りに原毛を置いたら、下からシルクシフォンを抜き取り原毛の上に重ねる。

4. 原毛の上に重ねたシルクシフォンの上にさらに原毛を置いて行く。(下の原毛と同じ色・同じ模様に置くと出来上がりの裏表が同じになる。また裏表を変えたい時には違う色の原毛を置く)

5. 全体にまんべんなく石鹸水を振りかけ、下のパッキンとサンドするように上にエアーパッキンを置いて端から棒に巻いて行き、最後に軽く紐でグルグル巻きに。

6. ロールケーキ状態のものを前後にゴロゴロを転がすこと100回。一度開いて裏返しにして再度端から棒に巻いて行き5の状態にして100回ゴロゴロと。

7. 一度開いて中のフェルト化状態を確認し、今度は棒を抜いて同じくロールケーキ状態にして表裏を100回づつ転がす。(100回はあくまで目安のため、フェルト化されていないときには追加で転がす)

8. 良い状態でフェルト化されていたらエアーパッキンを外して、ストールを小さく折り畳み、タオルに包んでまたゴシゴシ転がす。(ここまででかなり最初のサイズより小さくなっているはず)

9. 8を折り畳み直しながら100回づつ転がすをかなり急速に縮み、その状態になったら何回か熱いお湯と水で交互に浸す。そしてまたタオルに包んでゴシゴシ転がす。

10. そして最初の多きさより20%程度縮んだら出来上がり。濡れている状態で全体の形を整える。そして乾かす。


うーん、すでに細部を忘れているな・・・7番目が怪しい。もしかしたらちょっと違うかも!?

でもまあ、だいたいこんな感じで作れます(いや〜適当でスミマセン)。ただ、今回のワークショップは朝10時〜夕方5時まで結構ビッチリやっていて、その間ずっとゴロゴロ(ゴシゴシ)転がす作業をするので体力は必要かもしれませんね〜

どんなストールを作るのかイメージしていなかったので適当な色・柄行きでしたが、ちょっと桜餅みたいな感じのものができました!そして裏表で少し色味も変えてみたんですが・・・どうかな?
b0168075_23251575.jpg


今後、私のテキスタイル生地と組み合わせて行けたらいいな〜と思案中。

さて、どうなることでしょう・・・


 
[PR]

by naomi_textile | 2010-03-14 23:35 | テキスタイル